Try FITTA

楽しさ・効果をジッカン。
あなたの知らないフィッタを公開中!

COLUMN

フィッタのお勧め疲労回復法!積極的な疲れのとり方「アクティブレスト」

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

 

あなたの休日はどんなスケジュールをたてていますか?体を健康に保つためのトレーニングを取り入れることが出来ているでしょうか。今は一般の人がフィットネスとして体を動かすということが当たり前になっています。書店をのぞいてみても最近は筋トレが最強のソリューションだと謳われ、一流を目指すビジネスマンはトレーニングや体づくりを習慣に取り入れています。ビルゲイツでも毎日1時間、オバマ前大統領でさえ、任期中にも145分(週6日)という時間を確保していたと言います。そんな世界一忙しい人達でもそれだけの時間を確保していたのですから、自分達が確保できない理由はない、と自分を奮い立たせてみるのもいかがでしょうか。

仕事後や休日は疲れた体を休ませるために、ソファーに座ったり寝たりしながらNetflixで映画を観たいと思うのが至極当然です。もちろんそういう休日も大事ですが、フィッタとしては、やはり積極的な休養「アクティブレスト」をお勧めしたいと全力で思っています。

アクティブレストとは「積極的休養」とも呼ばれる疲労回復法です。もともとは連戦を行うスポーツ選手が素早く疲労を抜くことを目的としてつくられた疲労回復法のひとつですが、安静・休養・睡眠などの静的休養法に対して、疲労時に軽く体を動かすことで血流の改善を図り、疲労物質の排出を促すという効果のあるものです。動脈は体に栄養を運んでくれ、静脈は老廃物を運び出してくれますが、静脈は、筋肉及び心臓が動いてくれないと血液を流せないので、筋肉を動かす運動をしなければなりません。

ウォーキングやストレッチがやっぱり一番手軽で良いのですが、フィッタでアクティブレストするならどうするかを紹介します。

 


――「トレッドミルで軽いジョギング」

普段歩くスピードから少しずつ速度を上げ、もう走らないと無理だなというギリギリ走り出す速度を目安にして、ゆっくり速度で小股でちょこちょこジョギングがベストです。つま先から足をついてふくらはぎをしっかりポンプさせることで血液が心臓に戻っていきます。10~20分で間違いなく翌日スッキリでしょう。

 

 


――「プールで水中ウォーキング」

フィッタにはプールがあるので、使わない手はありません。これも足を大きく踏み出しながら、手は平泳ぎをしながら歩いていきましょう。水圧で勝手に筋肉もみもみしてくれますし、水のひんやり感はほてった体を最高にクールダウンしてくれます。

 


――「広いお風呂で入浴&サウナ」

軽い運動と入浴をセットで完全レストを行ってください。フィッタの足を伸ばせるお風呂に首まですっぽり入り、サウナで毛細血管を広げて老廃物を根こそぎ取り除くのも手です。

サウナの入り方

 

 

お風呂だけでも血行は良くなりますが、筋肉を使ったほうが、血行促進の持続力が高くただ汗をかくだけではないのでお勧めです。仕事で疲れた体はあえて動かしていきましょう。

フィッタをしっかり活用して翌日に疲れを持ち越さないようにしてくださいね。


recommend

この記事もあわせてお読みください

  • カラダのメンテナンスとして”サウナ”のすすめ!フィッタ活用術

    • facebook
    • LINE

まずはフィッタを
体験してみませんか?

フィッタでは、体験会や館内の
施設見学を受け付けています。
実際に目でみて体験すると、
よりフィッタの楽しさを
実感いただけるはず!
まずは各店舗へお問い合わせください!!